インプラントや歯科矯正の歯医者SAN|太陽のように輝く笑顔

治療を受ける

治療薬

「歯医者に行かないための最善の方法は、歯医者に行くことだ」と言われたら何だか謎めいて聞こえるかも知れませんが、これはまぎれもない真実です。ただし前半に出てくるのは虫歯治療のための歯医者で、後半に出てくるのは定期検診のための歯医者です。つまりこの言葉は、歯の健康を保つためには予防が大事だということを言っているのです。 歯医者といえばどうしても歯を削られてい痛い思いをするところというイメージがありますが、痛い思いをするのは虫歯がかなり進んでしまい、神経近くまで削らなければならないからです。これがごく初期の虫歯であれば、ほとんど削る必要もないので痛みもごく軽くて済みます。ただし初期の虫歯というのはあまり自覚症状がないのが普通です。早期治療は定期的に歯を診てもらってこそ実現できるのです。

市中のたいていの歯科医院には、予防歯科という診療科目が設けられています。定期検診を取り扱っているのはこの予防歯科においてです。 予防歯科を受診するメリットは3つあります。1つめは自分の口腔内の状態を常に把握できることです。虫歯の兆候はもちろん、噛み合わせに問題はないか、歯茎の健康状態はどうかといったことも併せて診察してもらえます。 2つめは上に述べたように、早期発見・早期治療が実現できることです。ごく初期のうちに治療を行えば治療費が安く済むので、経済的にもメリットがあります。 そして3つめは、日常的なケアに関するアドバイスが得られることです。毎日の歯磨きで磨き残しがあったりしても、自分ではなかなか気づきません。専門家の目で点検してもらうことでブラッシング方法を改善したり、今まで知らなかったケア方法の教授を受けたりすることができます。